【 よく読まれている記事 】

お金の基礎知識

お金の基礎知識

つみたてNISA(積立NISA)のメリット・デメリット!注意点もあるので気をつけよう

つみたてNISA(積立NISA)のメリット、デメリットを注意点も含めて説明します。つみたてNISAは金融庁により比較的安全な投資信託などが選定されているとはいえ投資ですからリスクもあります。自分の資産の運用で「つみたてNISA」を活用すべきかどうかを十分に検討してから判断してください。
お金の基礎知識

NISAのメリット・デメリット 後悔してからでは遅い!2024年からの新NISAとは?

実際に使っている経験も踏まえてNISAのメリット、デメリットなどポイントを押さえて説明します。2024年からの新NISAについても解説します。NISA(少額投資非課税制度)は投資で得た利益が非課税になる制度です。NISAを十分に活用して賢く資産形成に役立てましょう。
お金の基礎知識

老後2000万円の内訳は?問題の報告書を紹介!老後資金について考えてみましょう

老後2000万円問題とまで言われた老後に必要となる2000万円の内訳を報告書を実際に読んで確認しました。併せて報告書全体についても簡単に紹介します。この報告書は実は高齢化社会を迎えるにあたってお金についてとても順当なことを述べている報告書でした。現代は価値観が多様化し必要な老後資金も人それぞれです。
お金の基礎知識

退職金に税金がかからない場合とは?簡単な計算で分かります シミュレーションしてみよう

退職金に税金がかからない場合ってあるのでしょうか?結論から言いますと、多くの会社員は税金(所得税)がかかりません。かかっても少額です。それは簡単な計算で分かります。この記事では退職金の税金の算出方法について分かりやすく説明しています。ぜひご自分のケースに当てはめて試算してみましょう。
お金の基礎知識

定年後の再雇用でボーナスはどうなる? 大幅減額、もらえない場合も

定年後の再雇用のボーナスについて世間一般の会社員の賞与の水準を調べました。実際のボーナスは会社の就業規則や再雇用の雇用契約で決まりますが金額の多い少ないはその後のライフプランにも大きく影響します。一度あなたの会社の就業規則や再雇用の雇用契約の内容を確認してみることをお薦めします。
お金の基礎知識

定年後の再雇用で給与はどれぐらい下がる? 平均を調べてみました

定年後の再雇用の給与などを調べた調査では給与は平均で2割~5割減る人が多いことが分かりました。ただし給与はそれぞれの会社の再雇用の規定によって大きく変動します。まずは自分の勤め先の会社の再雇用制度を確認してみましょう。なお再雇用で働くことで給付されるお金についても紹介します。
お金の基礎知識

年金いくらもらえるか?夫婦と独身の違いは?ラクラク計算は早見表や「ねんきん定期便」で!

年金は いくらもらえるか?夫婦と独身の場合について早見表や「ねんきん定期便」で簡単に自分の年金を計算できる方法を説明します。自分や夫婦のおおよその年金額が分かりますので将来のライフプランもより具体的に考えることができます。公的年金は退職後のライフプランの重要な要素ですから一度は確認してきましょう。
お金の基礎知識

公的年金の制度と種類を わかりやすく紹介します!知らないと損するかも?

公的年金の制度と種類について、できる限り わかりやすく紹介します。この記事では公的年金の種類、給付、税金などの全体像を説明しますので、公的年金が自分にとって有益なものであることが分かり、現実的で実現可能なライフプランを計画できるようになります。逆に知らないままでいると損をすることにもなりかねません。
お金の基礎知識

老後資金はいくらあれば安心?夫婦/一人暮らし(独身)で必要金額を試算!

老後資金は夫婦、一人暮らし(独身)それぞれで、いくらあれば安心でしょうか?総務省などのデータを基に試算した結果、老後資金は夫婦で約1,900万円、独身でも約900万円を用意しておけば、ひとまずは安心できそうなことが分かりました。一度は自分の老後資金の必要額と準備する方法を確認しておきましょう。
お金の基礎知識

iDeCoのメリットとデメリット!税金は得するけど運用次第では目減りも?

iDeCoのメリットとデメリットを説明します。iDeCo(イデコ)は拠出した掛金が全額所得控除になる、運用益が非課税などメリットが多いですが、一方で運用成績により受け取る金額が変わる、国民年金基金連合会と金融機関の手数料がかかるなどデメリットもあります。iDeCoは理解して納得してから始めましょう。
お金の基礎知識

ネット証券が投資信託に最適!手数料も無料でNISA対象の投信も多く品揃えが豊富

ネット証券が投資信託の取引には最適です。ネット証券の投資信託は銀行や従来型の証券会社に比べて品揃えが豊富で全ての投信が販売手数料が無料のノーロードの商品です。またネット証券は24時間365日取引できる、販売員がいないので煩わしさが無い、自分で納得して投信を選べるなどメリットが多いです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました