【 よく読まれている記事 】

AFPは認定研修を受けない独学で取得できる? 受ける場合の最短最安はアーティス

AFP認定研修記事タイトル自己啓発

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を目指す人が最初の目標にするのが国家資格の「2級ファイナンシャル・プランニング技能士(以下FP2級)」と日本FP協会の「AFP」だと思います。

そしてAFP資格を取得するには日本FP協会の認定する教育機関が実施するAFP認定研修を修了することが要件となっています。

資格取得にかかる費用をできるだけ抑えたいところですが残念ながらAFP認定研修を受けないで独学でAFPになる方法はありません。

しかし同じAFP認定研修でもアーティスの技能士課程の研修を活用すれば独学に近い形で最短そして最安でAFPになれます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

AFPは認定研修を受けないと取れない:研修は2種類

e-learning

上にも書きましたようにAFP資格を取得するにはAFP認定研修を修了することが必要ですが、このAFP認定研修には2種類あります。

  • AFP認定研修(基本課程)
  • AFP認定研修(技能士課程)

この2つの認定研修のどちらか1つを修了すれば良いのです。

AFP認定研修(基本課程)

日本FP協会ではAFPを取得するルートとしてAFP認定研修(基本課程)を修了するのを「基本のルート」としていますので、この研修を受けている人も多いでしょう。

この研修ではFPとしての6分野と提案書作成を学びます。

 

FP6分野
  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

 

この研修を修了することでFP2級の受験資格が得られます。

FP2級を受験し合格後に日本FP協会に申請することでAFP認定されます

AFP認定研修(基本課程)の受講期間は1ヶ月~1年で、費用は認定教育機関によって異なりますが、おおむね数万円からで高額なものでは10万円以上の研修もたくさんあります。

AFP認定研修(技能士課程)

AFP認定研修(技能士課程)は、すでにFP2級を取得している人が受講する研修です。

FP2級を取得していますので上のFP6分野はすでに修得しているとみなされ、研修内容は主に提案書作成です。

研修の修了後に日本FP協会に申請することでAFP認定されます。

AFP認定研修(技能士課程)も受講期間は1ヶ月~1年とされていますが、研修内容は主に提案書作成だけですので短期間で終了できます。

私自身も1ヶ月ほどで修了できました。

費用は認定教育機関によって異なりますが、1万円未満から2万数千円ぐらいです。

なおFP2級までは独学だけで十分に取得可能です。

その体験を別記事にまとめましたので参考にしてください。

⇒ ファイナンシャルプランナー(FP)3級と2級 独学で期間は計7ヶ月 26,530円で資格を取得できました

スポンサーリンク

独学に近いのはAFP認定研修(技能士課程)

勉強する女性

独学で勉強したい人というのは、研修の指示通りに順々に進めるのはまだるっこしい、自分のペースで勉強を進めたいという人だと思います。

そういう人は研修を最低限に抑えられるルート、つまりFP3級、FP2級を独学で突破してAFP認定研修(技能士課程)を修了するルートが良いです。

AFP認定研修(技能士課程)でやることは次の2つです。

  • FP2級レベルまでのFP6分野の修得確認テスト(1回)
  • 説明や条件を確認したうえで提案書を作成(1つ)

これならマイペースで進められます。

ただしFP3級の独学費用、受験費用が必要ですので、選択する認定教育機関の研修によってはAFP認定研修(基本課程)を修了するルートと費用面では大差ありません。

スポンサーリンク

最短&最安はアーティス

PCを使う男性

日本FP協会のページで各認定教育機関の研修費用を確認できます。

それで分かるように、アーティス(ARTIS)という認定教育機関は基本課程、技能士課程の両方で最も低料金のAFP認定研修を提供しています。

低価格と言っても何かが劣るわけではなく認定教育機関ですからテキスト内容、添削回数など研修の要件は他社と同レベルを満たしています。

質問メールも回数制限なく受講期間中であれば何度でも質問できます。

それでも低料金なのは、アーティスでは通信教育(eラーニング)のみを行っていて、教室の賃借料や講師の人件費などのコストが不要だからだそうです。

私自身は技能士課程のAFP認定研修を受けましたが、テキスト類も丁寧に説明されており1ヶ月ほどで無事に修了しAFP認定されました。

この研修は「確認テスト」も「提案書作成」も、質問などをしなければ教育機関の何かを待って次に進むといった「待ち」がないので自分次第でサクサク進められます。

またアーティスでは提案書作成のためにWordで提案書の雛型が、Excelでキャッシュフロー表の雛型が用意されており、埋めるだけで完成するので楽です。

私は他の業務もあって1ヶ月ほどかかりましたが、集中して取り組めば1~2週間ほどで終了できたと思います。

⇒ アーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修(基本課程)

⇒ アーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修(技能士課程)

スポンサーリンク

最短&最安のAFP認定研修ならアーティス、独学なら技能士課程で:まとめ

PCを使う男性と それを見守る女性

AFPの資格を取得するにはAFP認定研修を修了しなければならず、それなりの期間と費用が必要です。

その中で少しでも早く、そして費用を抑えるのならアーティスのAFP認定研修がお勧めです。

また独学のようにマイペースで進めたいならFP3級、FP2級を合格後にAFP認定研修(技能士課程)を修了するルートが良いです。

その場合もアーティスのAFP認定研修(技能士課程)が内容も十分で最安になりますのでお勧めです。

⇒ アーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修(基本課程)

⇒ アーティス(資格対策ドットコム)のAFP認定研修(技能士課程)

なおAFP認定を得たあとの2年毎の資格更新の継続教育では、FP研究所の「今日から始めるインターネット継続講座」が最も安い講座になります。

詳しくは次の記事でご確認ください。

⇒ AFPの継続教育 最も安いのは?更新研修は最短でサクッと乗り切りましょう!

タイトルとURLをコピーしました