【 よく読まれている記事 】

自己啓発

人気やオススメめ習い事、資格の情報、目標の設定方法、ポイントをお伝えします。

自己啓発

50歳からの資格 女性におすすめ15選 国家資格だって挑戦できますよ!

ファイナンシャルプランナー(FP)、登録販売者、調理師、介護福祉士などの国家資格をはじめ、50歳からでも取得できる女性におすすめの15の資格を紹介します。仕事に活かせるだけでなく自分自身の生活も豊かにする資格もあります。ぜひあなたの資格取得の参考にしてください。
自己啓発

お金のかからない習い事 大人の主婦や男性が取り組みやすいのは何?スポーツ(運動)系

お金のかからない習い事として大人ならではポイント、つまり必要なアイテムが少ない/安価、入会金や月謝が安い、通う手間が少ない、時間が自由、細く長く続けられるなどをもとに主婦や男性が取り組みやすいスポーツ/運動系の習い事を紹介します。自分に合いそうと感じるものがあれば、ぜひチャレンジしてみることをお薦めします。
自己啓発

大人の習い事 男性におすすめ27選!社会人も新しいことに挑戦してみましょう

大人の習い事、とくに社会人の男性におすすめの習い事26選を紹介します。趣味を極める、資格を取得する、かっこいいモテる男になるなど習い事の目的は様々ですが、働き方改革が脚光を浴び、平均寿命も延び、企業も個人も仕事中心の人生を考え直す機会を得ることができるようになったのです。
自己啓発

50歳から始める習い事 50代の女性におすすめ17選! あなたの「やりたい」が見つかる!

50代女性におすすめで人気の高い50歳から始める17の習い事を紹介します。女性で50代となれば子育ても一段落して次の生き方を考える年頃です。仕事や趣味などに活かせる習い事を始める人も増えてきます。これからは自分のために時間を使いましょう。
自己啓発

40代の主婦におすすめ資格25選! 今の注目はコレ!

子育てなどが一段落する40代の主婦に特におすすめの資格25選です。お金の不安を解消する一助となるような資格を紹介します。お子さんがいらっしゃる方は、お子さんが進学できるとホッとしますね。しかし今度は、お子さんのさらなる進学や、自分たちの老後の資金が心配になってきてしまうのです。
自己啓発

AFPは認定研修を受けない独学で取得できる? 受ける場合の最短最安はアーティス

AFP認定にはAFP認定研修を修了しなければならず期間と費用が必要です。少しでも早く費用を抑えたいならアーティスのAFP認定研修がお勧めです。また独学のようにマイペースで進めたいならFP3級/FP2級合格後にAFP認定研修(技能士課程)を修了するルートが良いです。その場合もアーティスのAFP認定研修が内容も十分で最安です。
自己啓発

ファイナンシャルプランナー(FP)3級と2級 独学で期間は計7ヶ月 26,530円で資格を取得できました

未経験でも独学で勉強開始から7ヶ月の期間でFP3級と2級に合格できました。独学ですから費用も安く2回分の受験料を含めて26,530円に抑えることができました。「お金」は誰も避けて通ることができない大事な問題です。ご自身のマネーリテラシーを高めるためにも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
自己啓発

30代女性におすすめ習い事30選! やりたいことを見つけましょう!

30代女性におすすめの習い事30選を紹介します。仕事や職場環境に慣れて、生活の余裕も出てきて、さらに自分を向上させたい、あるいは人生を豊かにするために何か新しいことを始めたいと思う30代。あなたも新しいことにチャレンジしてみませんか?
自己啓発

習い事を辞める時の理由 大人の伝え方、タイミング、メール例文、お礼の品は?

習い事を辞める時の大人としての理由の伝え方(正直に伝える?)や時期(タイミング)、先生へのお礼をどうするかなどを紹介します。習い事を辞めるのは言いづらいものですが思い切って伝えてみると意外にすんなり済むことが多いです。先方を思いやる心を大切に大人の対応をしたいものです。
自己啓発

AFPの継続教育 最も安いのは?更新研修は最短でサクッと乗り切りましょう!

AFPは2年毎に継続教育を受けて資格更新要件を満たす必要があります。これを最も安い&最短レベルで修了できるのがFP研究所のAFP継続教育「今日から始めるインターネット継続講座」です。2,530円の教育を1回受講するだけで短期間でAFPの資格更新要件を全て満たすことができます。
自己啓発

文章校正ツールおすすめは? 7つの無料・有料ツールを調べてみました

ドキュメントやブログなどを書く際は恥ずかしくない文章にしたいです。文章校正ツールを使って事前に誤字脱字や日本語としての表現もチェックしておきましょう。記事では全部で7つの無料、有料の文章校正ツールを調べています。文章校正を行う際の参考にしてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました