【 よく読まれている記事 】

習い事

習い事・資格

50歳から始める習い事 50代の女性におすすめ17選! あなたの「やりたい」が見つかる!

50代女性におすすめで人気の高い50歳から始める17の習い事を紹介します。女性で50代となれば子育ても一段落して次の生き方を考える年頃です。仕事や趣味などに活かせる習い事を始める人も増えてきます。これからは自分のために時間を使いましょう。
習い事・資格

50代から始めるスポーツ 女性におすすめ10選!楽しく美しく健康に

50代から始めるスポーツとして女性におすすめの10種類を紹介します。この年台でスポーツを始める際に一番のポイントとなるのが無理せず楽しく続けられることです。それが精神的にもに肉体的にも健康でいられる秘訣ですし、生涯にわたって趣味として続けられれば幸せです。自分に合ったスポーツを見つけてください。
習い事・資格

【お金のかからない習い事】大人の男性や主婦におすすめを紹介!細く長く続けられるスポーツ系は?

お金のかからない習い事!大人に入会金や月謝が安いだけでなく時間が自由で細く長く続けられる習い事を紹介します。スポーツ系ならヨガやフィットネスが代表的です。ほかにも必要なアイテムが少ないまたは安価、そして通う手間が少ないなどを考慮して主婦や男性が取り組みやすいスポーツ/運動系の習い事を紹介します。
習い事・資格

習い事を辞める時のメール例文!大人の理由とタイミング、お礼の品は?

習い事を辞める時のメールの例文、大人としての理由の伝え方(正直に伝える?)や時期(タイミング)、先生へのお礼をどうするかなどを紹介します。習い事を辞めるのは言いづらいものですが思い切って伝えてみると意外にすんなり済むことが多いです。先方を思いやる心を大切に大人の対応をしたいものです。
習い事・資格

大人の習い事 男性におすすめ27選!社会人も新しいことに挑戦してみましょう

大人の習い事、とくに30代、40代、50代の社会人の男性におすすめの習い事27選を紹介します。趣味を極める、資格を取得する、かっこいいモテる男になるなど習い事の目的は様々ですが、働き方改革が進み平均寿命も延びて企業も個人も仕事中心の人生を考え直すようになったのです。
習い事・資格

自己啓発に取り組む3つのポイント! 人気ジャンルも紹介

自己啓発に取り組む際のポイントを3つ、人気ジャンルとともに紹介します。キャリアアップで収入を増やしたり長く働くためには、能力開発をはじめとして常に自分を磨く自己啓発を自発的に行うことが必要となっています。職場やプライベートでもよく耳にする自己啓発。しかし自分でも始めようと思った時に、どういった観点で、どんな自己啓発を選べばよいか迷うことも多いです。今や年功序列は崩れ昇給も難しくなり、リストラされる危険性も人ごとではなくなっています。新しいことに挑戦してみましょう!
習い事・資格

ポモドーロテクニックで勉強!5つのメリットで最速スタート、集中力キープ!

集中力を持続するための手法のひとつ、ポモドーロテクニック(ポモドーロ法)を紹介します。勉強や仕事など、ある程度の時間、集中を続けなければいけないシーンって、けっこうありますね。でもその集中力が無いというか、集中が続かないということが多くないですか?ぜひポモドーロテクニックを活用してみてください。
習い事・資格

ピアノは大人から始めたら限界あり?初心者は独学では無理?

大人からピアノを始めた初心者は上達に限界があるのでしょうか。独学でもマスターできるのでしょうか。あるいは先生に付いてレッスンを受けた方がいいのでしょうか。その答えは個人個人の状況によって違ってきます。独学の場合と先生のレッスンを受ける場合のメリット、デメリットを中心に整理しています。ぜひ参考にしてください。
習い事・資格

30代の習い事 大人の女性におすすめ31選! やりたいことを見つけましょう!

30代 大人の女性におすすめの習い事31選を紹介します。仕事や職場環境に慣れて、生活の余裕も出てきて、さらに自分を向上させたい、あるいは人生を豊かにするために何か新しいことを始めたいと思う30代。あなたも新しいことにチャレンジしてみませんか?
習い事・資格

習い事を辞める切り出し方は悩ましい!理由と例文 大人と子どもで違う?

習い事を辞めるときの切り出し方、辞める理由と例文、タイミングを大人の場合と子どもの場合について説明します。辞める理由として無難なもの、言ってはいけないものがありますので例文を参考に気持ちよく終えられるよう先生に切り出してください
習い事・資格

ギターの独学は何から始めれば可能? 初心者の「続かない」を7つのポイントで解決!

ギターの独学で大事なのは、とにかく「継続する」ことです。続けられるための準備や練習のポイントを説明します。あなたがプロのレベルを目指しているわけではなく、個人や仲間で楽しむレベルでよいなら独学でも十分に弾けるようになります。継続できる仕組みだけ作ったら、あとは気楽にマイペースで進めましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました