【 よく読まれている記事 】

Webライターの副業で収入をさらに伸ばす方法3選+番外編

副業

副業としてWebライターに取り組んでいる人も多いと思います。

この記事ではクラウドソーシングサービスでWebライターを始めた人が、さらに収入を伸ばす方法について説明しています。

どれも在宅のままでできる内容になっています。

収入が伸び悩んでいるWebライターの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

前回のおさらい:Webライター初心者の収入とステップアップ

前回の記事ではWebライター初心者に向けて、最初のスタートからステップアップについてクラウドソーシングサービスを中心に説明しました。

⇒ 前回の記事:Webライターの収入はどれくらい?初心者からステップアップする手順を公開!

簡単に内容をおさらいしておきます。

クラウドソーシングサービス

初めてWebライターの仕事を行う場合はクラウドソーシングサービスに登録して仕事に応募するのが早道で定番になっています。

クラウドソーシングサービスは仕事を依頼したい個人や企業と、仕事を請けたい個人や企業をマッチングするサービスです。

Webライターの仕事もたくさん募集されています。

Webライターにとってのメリット

  • 営業しなくても仕事が取れる、とくに初心者のWebライターにはありがたい
  • 仕事の開始前にクラウドサービス側で依頼主から報酬を預かる(仮払い)ので、ライターとしては仕事をしたのに報酬が支払われないというリスクがない

応募する仕事の種類や頻度にもよりますが、月に数万円程度の収入を得ている人が多そうです。

初心者からステップアップする手順

クラウドソーシングサービスではWebライターの仕事の形態は、主にタスク形式とプロジェクト形式の2種類です。

プロジェクト形式の仕事は、数千文字の記事を複数作成する仕事が多く、本格的なWebライターの仕事です。

一方、タスク形式の仕事は、誰でも書けるようなテーマで記事の文字数も数百文字の場合が多く、初心者でも取り組みやすい案件になっています。

それを踏まえてクラウドソーシングサービスにおいて、初心者からステップアップする手順は次のようになります。

  1. 最初は文章で報酬をいただく感覚をつかむために、初心者でもできるタスクの仕事にいくつか応募してみる
  2. 少し慣れたらプロジェクトの仕事に応募する
  3. 依頼主からのリピート(継続発注)が続いたら、Webライターとしてのレベル向上により依頼主に記事単価をアップしてもらう
  4. 並行して記事単価の高い分野の知識を深め、その分野での記事受注を狙う

またWebライターを目指すなら、普段から記事を書いたら文章校正ツールでチェックするという習慣をつけると良いでしょう。

⇒ 文章校正ツールはマスト! 7つの無料・有料ツールを調べてみました

以上が前回の記事のざっくりとした概要になります。

詳しくは前回の記事を参照してください。

⇒ 前回の記事:Webライターの収入はどれくらい?初心者からステップアップする手順を公開!

スポンサーリンク

Webライターの副業で収入をさらに伸ばす方法3選+番外編

クラウドワークスやランサーズなど一般的なクラウドソーシングサービスで実績を積んでくると、限界や伸び悩みを感じ始めると思います。

そこまできたら、収入を伸ばす別の手段の検討を開始します。

次の4つの方法があります。

  • 単価の高いクラウドソーシングに登録する
  • 依頼主と直接契約する
  • 仕事の領域を広げる
  • 【番外編】Webライターとしての自分をブランド化
スポンサーリンク

方法1:単価の高いクラウドソーシングに登録する

最初の方法は、今使っているクラウドソーシングサービスよりも記事単価の高いクラウドソーシングサービスに登録して仕事をすることです。

一般のクラウドソーシングは文字単価が高くない

現実にはクラウドワークスやランサーズに代表される一般的なクラウドソーシングサービスには、あまり文字単価の高くない案件が多いです。

1文字1円以上の案件もありますが、多くは1文字0.3円、0.5円といった案件が多いです。

1文字1円なら3,000文字の記事を書いて3,000円ですが、1文字0.3円なら同じ3,000文字の記事を書いても900円にしかなりません。

文字単価の違いは収入に大きく影響するのです。

単価が高いWebライターのクラウドソーシング

テストに合格すれば文字単価の高い案件の仕事ができるWebライター専門のクラウドソーシングサービスがあります。

名前はサグーワークスと言い、その公式サイトで実施しているプラチナライターテストに合格するとプラチナライターとして認定されます。

プラチナライターは、サグーワークス内で紹介している記事案件の中で、1文字1円以上の文字単価の高い案件に優先的に応募できる仕組みになっています。

ほかにもサグーワークスはライティングに特化しているだけあって、編集スタッフによる文章の指導などWebライターを育てる体制も整っています。

スポンサーリンク

方法2:依頼主と直接契約する

記事作成の依頼主と直接契約するのも収入アップにつながります。

直接契約のメリット

依頼主と直接契約(直接取引)にすると次のようなメリットがあります。

  • クラウドソーシングサービスにあるような利用手数料(記事作成報酬の5~20%)が差し引かれなくなる
  • 自分なりの企画などを提案しやすくなり、やりがいも高まる

直接契約にするには

直接契約をするルートは主に下の2つになります。

  • クラウドソーシングの中で依頼主と交渉
  • 特定のサイトのライター募集に応募

クラウドソーシングの中で依頼主と交渉

クラウドソーシングサービスのプロジェクト案件で継続発注されていて、信頼できそうな依頼主であれば、連絡を取って直接取引を交渉します。

ただしこうような交渉をクラウドソーシングサービスの中で、例えばメッセージボックスのような場所で大っぴらに行うことは禁止されていることが多いです。

依頼主のメールアドレスを聞いてメールするなど別の連絡手段を使って交渉します。

特定のサイトのライター募集に応募

今では多くの企業や個人がメディアを作っていて、ネットを探せばライター募集も意外に多いです。

その中で信頼できそうなサイトを選んで応募します。

通常はテスト記事を提出して採用の可否を判断してもらいます。

直接契約の収入

直接契約の場合は一般的な基準のようなものもありませんし、依頼主の状況、Webライターのレベル、実績などによって千差万別です。

大きくは取材のある記事と無い記事で報酬が異なります。

取材のある記事は数万円、無い記事は数千円といったところでしょうか。

また試用期間(トライアル期間)を設定している依頼主の場合は、その期間の報酬は低めになります。

直接契約してもさらに収入アップを目指す

直接契約の状況でも、さらに収入アップを図ります。

依頼主に記事の注文を増やしてもらうようお願いするのも一つの方法です。

叶わなければ、あるいはネットやクラウドソーシングサービスで、さらに新しい依頼主を探すのも良いです。

スポンサーリンク

方法3:仕事の領域を広げる

Webライターだけでなく、その周辺まで仕事の幅を広げてみるのも、いい経験になります。

編集や校正の仕事がお薦めです。

編集、校正のメリット

編集の仕事は、記事を書くWebライターのために、依頼主の要望に合うように記事のタイトルや見出しなどの構成を考える仕事です。

校正の仕事は、Webライターが書いた記事が依頼主の要望や編集者の企画に従って書かれているかをチェックして必要に応じて修正します。

またはWebライターに修正を指示します。

そのほか、誤字脱字や文法的な誤りなどもチェックします。

これで分かるように、編集も校正も自分自身のWebライターとしてのスキルアップにつながる仕事で、とてもメリットがあります。

編集、校正を行うには

多くのWebライターを抱えている依頼主は、編集、校正、さらにはサイトへの投稿の仕事をする人を募集していることが多いので、そういった依頼主を探します。

クラウドソーシングサービスにも、件数は多くはないですが編集や校正の仕事が募集されていることがあります。

あるいは上でも書きましたサグーワークスでは、編集者(エディター)、校正・校閲者の募集も行っています。

スポンサーリンク

番外編:Webライターとしての自分をブランド化

この方法は副業の域を超えているかも知れません。

コラムなどに名前(クレジット)の入った記事を何本か書くようになれたら、自分の名前で依頼を取れるようになれます。

この場合は価格の決定権はWebライターの“あなた”にありますので、需要を見ながら自分で納得できる執筆料を設定します。

ここまでくるとブログなどの自分のメディアを持って、そこで自分自身や仕事の紹介、執筆依頼の受付などを行う人が多いです。

メディアを持てば広告などライティング関連以外の収益も期待できるようになります。

余談ですが、そうなることを見越してクレジット入りの記事を書くようになった段階でビジネスネーム(ライターネーム)を考えておくとよいですね。

スポンサーリンク

まとめ

副業なので月に数万円の収入で十分ですと言うなら、クラウドソーシングサービスでWebライターを今までどおり進めるのも良いです。

しかしもう少し収入を伸ばしたいと考えるなら一歩踏み出して、この記事でお伝えした方法を試してみてください。

なおこの記事で何度も出てきたクラウドソーシングサービスについては、前回の記事で確認してください。

⇒ Webライターの収入はどれくらい?初心者からステップアップする手順を公開!

 

タイトルとURLをコピーしました