【 よく読まれている記事 】
お金の基礎知識

ライフプランでお金(費用)は何に必要?ライフイベントの支出も忘れずに

ライフプランに含める支出項目である日常の生活費、教育費、ライフイベントの費用、医療介護費用などについて説明します。ライフプランを立てるには将来にわたる支出の項目を洗い出し、できる限り実際に近い時期と金額を予測してシミュレーションを行います。
お金の基礎知識

住み替えたいとき持ち家はどうする?移住・住みかえ支援機構は使える?

住み替えで持ち家を売却したり賃貸に出す場合の注意点や持ち家を借り上げてくれる移住・住みかえ支援機構(JTI)についてお伝えします。住宅ローンが残っていての売却は要注意ですし賃貸に出しても安定した家賃収入の保証はありません。住み替えで持ち家をどうするか迷ってる人は参考にしてください。
お金の基礎知識

老後資金はいくらあれば安心?夫婦/一人暮らし(独身)で必要金額を試算!

老後資金は夫婦、一人暮らし(独身)それぞれで、いくらあれば安心でしょうか?総務省などのデータを基に試算した結果、老後資金は夫婦で約1,900万円、独身でも約900万円を用意しておけば、ひとまずは安心できそうなことが分かりました。一度は自分の老後資金の必要額と準備する方法を確認しておきましょう。
お金の基礎知識

大学の学費は大学だけじゃない!資格取得や大学院にもお金がかかります

お子さんを大学に通わせると大学の学費以外にも資格取得や大学院など予定外にお金がかかります。この記事では大学の学費と併せて資格取得の費用や卒業後の大学院の学費も紹介します。親として負担する部分を決めてライフプランの中で計画的に教育費を準備することを考えましょう。
お金の基礎知識

マイカーとレンタカー、カーシェアの違いを比較しました どれがお得?

マイカー、カーシェア、レンタカーの費用を調べた具体的な金額を紹介します。週1ぐらいの近場利用ならカーシェアが最も経済的です。最近は公共交通が発達した都市部では子どもの成長で車を使うシーンが減った人が多いです。現状に疑問があるならなるべく早く決断することをお薦めします。
ファイナンシャルプランナー

2022年【AFP認定研修】基本課程の おすすめは? 安い費用&内容で選ぶならアーティス!

AFP認定研修「基本課程」のおすすめはアーティス(資格対策ドットコム)の「2級FP技能士・AFP認定研修(基本課程)」です。基本課程のAFP認定研修を受講すればFP2級の受験資格を得られると同時にAFPの認定に必要な研修を修了できます。初めてファイナンシャルプランニングを学ぶ人にはおすすめの研修です
ファイナンシャルプランナー

AFP認定研修 技能士課程の おすすめ! 最安で内容十分なのはアーティス

FP2級やFP1級を持ってる人がAFPの認定を受けるにはAFP認定研修「技能士課程」を受講することになります。AFP認定研修「技能士課程」を提供している教育機関は10社ありますが、受講料が最安で内容も十分なアーティス(資格対策ドットコム)が おすすめです。
ファイナンシャルプランナー

CFPの継続教育 費用が安い おすすめの認定教育機関は?

CFPは2年毎に継続教育単位を取得して資格更新要件を満たす必要があります。この単位を最も安く取得できるのがアーティス資格対策ドットコムの「FP資格継続教育パック」です。5,280円の講座を1回受講するだけで短期間でCFPの資格更新要件を全て満たすことができるのです。
ファイナンシャルプランナー

FP1級の通信講座 5社を比較 最も安い おすすめはアーティス(資格対策ドットコム)

FP1級の学科試験対策の5社の通信講座を比較しました。その結果、最も安い、おすすめの通信講座はアーティス(資格対策ドットコム)の「1級FP技能士資格対策講座」でした。FP1級の学科試験は難関ですので通信講座を活用して効率的に受講対策を進めましょう。自分に合った通信講座をぜひ見つけてください。
ファイナンシャルプランナー

AFPの継続教育 最も安いのは?更新研修は最短でサクッと乗り切りましょう!

AFPは2年毎に継続教育を受けて資格更新要件を満たす必要があります。これを最も安く最短レベルで修了できるのがアーティス資格対策ドットコムの「FP資格継続教育パック」とFP研究所の「今日から始めるインターネット継続講座」です。2,500円~2,600円の教育を1回受講するだけで短期間でAFPの資格更新要件を全て満たすことができます。
ファイナンシャルプランナー

AFPの認定研修まで最短で行きたいなら技能士課程で! 費用も安い!

AFP認定研修の期間を最短に、そして費用を最安にしたければ、FP2級を合格後にAFP認定研修の技能士課程を受講して修了する方法がベストです。期間を短くする以外にもFP2級の受験タイミングなど基本課程で進む場合に比べてメリットもあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました