本サイトはプロモーションが含まれています
習い事・資格

40代で出会いが期待できる習い事9選+3選!楽しく通って親密度アップ!

40代で出会いが期待できる9つの習い事とお金持ちとの出会いが期待できる3つの習い事を紹介します。男性も女性も40代ともなると仕事関連を除けば定常的に異性と顔を合わせるチャンスは限られてきます。出会いを求めるなら、出会いを期待できる可能性の高い習い事を選んで始めるのがおすすめです。
習い事・資格

50代で出会いが期待できる習い事12選!通うことが楽しみになれば効果もアップ?

50代で出会いが期待できる12の習い事を紹介します。50代の人の多くは出会いのチャンスはほとんどどありませんが、その数少ないチャンスの一つが習い事です。ただし習い事の中でも出会いの可能性の高い習い事を選ぶのがポイントです。自身も楽しんで取り組めて、しかも出会いを期待できる習い事を見つけてください。
習い事・資格

文章校正ツールおすすめは? 7つの無料・有料ツールを調べてみました

ドキュメントやブログなどを書く際は恥ずかしくない文章にしたいです。文章校正ツールを使って事前に誤字脱字や日本語としての表現もチェックしておきましょう。記事では全部で7つの無料、有料の文章校正ツールを調べています。文章校正を行う際の参考にしてください。
習い事・資格

文章推敲ツール 無料の6種を比較テストしてみました おすすめは?

ブログなどある程度まとまった文章を書く際は文章推敲ツールを使ってチェックしましょう。無料で使えるツールはたくさんあります。この記事では定番の文章推敲ツール6種を比較テストした結果を説明しています。無料の文章推敲ツールを選ぶ際の参考にしてください。
副業・起業

英語を活かした起業10選+1 独立開業・フリーランス

英語スキルで「雇われる(雇用される)」のではなく、独立して働く、いわば起業する場合に、どんな仕事があるのか紹介します。最近は英語で難なくコミュニケーションできる人も増えてきました。でも日本人なら誰でも何年も学校で習ってるわりには、実際に英語を使いこなせる人は、まだまだ少数派です。「英語ができる」は今でも立派にアドバンテージです。せっかくならこれを活かして仕事したいですね。フリーランスも含めて英語で独立開業を考えている方は参考にしてください。
ライフスタイル

ストレス解消法(発散方法)を面接で聞かれたら? 23の回答例や例文も掲載!

ストレス解消法(発散方法)を面接で質問されたときの良い回答例や例文、NG回答例を面接官の意図、回答するにあたっての考え方とともに説明します。就活の面接ではストレス解消法について聞かれる可能性が高いです。質問されると分かっているなら回答もあらかじめ考えておきたいですよね。ぜひ参考にしてください。
習い事・資格

40代からの習い事 男性におすすめ27選!大人も新しいことに挑戦してみましょう

大人の習い事、とくに40代の社会人の男性におすすめの習い事27選を紹介します。趣味を極める、資格を取得する、かっこいいモテる男になるなど習い事の目的は様々ですが、働き方改革が進み平均寿命も延びて企業も個人も仕事中心の人生を考え直すようになったのです。
習い事・資格

1万人の第九の応募倍率と合唱本番までの流れ!落選なら来年リベンジ

「サントリー1万人の第九」は参加希望者が多く抽選で参加者が決まります。その応募の倍率はどれぐらいでしょうか?落選なら来年リベンジするしかありません。また併せて初めて参加する人が不安に感じるコンサート本番までの大まかな流れも説明します。「1万人の第九」への参加を考えている人はぜひ参考にしてください。
習い事・資格

1万人の第九の参加費は?その他に必要な費用もまとめて教えます

毎年12月に開催される「1万人の第九」の参加費についてまとめました。1万人の第九に参加するには、参加料、楽譜、練習用CD、交通費、服装関連、さらに遠隔地にお住まいの人は宿泊費、滞在費など様々な費用がかかります。参加を検討している人は早めに予算を立てて準備しておきましょう。
習い事・資格

1万人の第九の服装,参加費,歌唱力レベルなど初めて参加する人は読んでください

まったくの素人で1万人の第九に参加した実体験に基づいて服装や参加方法、練習(レッスン)について説明します。さらに初めて参加する人が必ず不安に思う歌唱力のレベル、実際に必要な費用や必ず持っていきたいものについても紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。
習い事・資格

1万人の第九 2024年も応募しました 当選できるのか?

サントリー 1万人の第九に2024年も応募しました。今年の倍率が気になるところですが、当選発表の7月までドキドキしながら待っています。これまでに2回参加して今回で3回目。もし当選できたら今度こそ歌唱レベルを上げて、大阪城ホールで1万人の仲間と感激の合唱をしたいと思っています。